U-NEXT

【U-NEXT】メリット・デメリットからわかる評判まとめ!

更新日:

動画配信サービスの中でも配信数がトップレベルの「U-NEXT」!実際に利用する前にどんなサービスなのか気になるでしょう。

ざっくり説明すると見放題で視聴できる作品は全体の4割程度(50,000本以上)でポイントを消費して視聴できる作品が残りを占めています。これだけ聞くと優れていないように思いますが、見放題の作品数は「Hulu」よりも多いため配信数はトップレベルと言っていいでしょう。

また、見放題以外の作品は毎月付与されるポイントを消費することで視聴することができます。しかも、最新作はDVD・Blu-rayが販売される前に先行配信をするタイトルもあるぐらいなので新作をいち早く視聴したい方にはオススメできます。

ここではU-NEXTについてメリット・デメリットをまとめていますので、詳しく知りたい方は参考にしてください。

U-NEXTは「最新作好き」「成人向けタイトルを見たい人」にオススメ!

最新作は見放題の対象作品ではありませんが、毎月付与されるポイントで視聴ができます。しかも、配信される早さはピカイチでDVD・Blu-rayが発売される前に配信される作品もあります(人気作品のみ)

また、見放題の対象に「成人向けコンテンツ」も豊富に用意されています。ただし、成人向けコンテンツはスマホのアプリを利用してもダウンロードできないため、ストリーミング再生で利用することになります。

以上のポイントからU-NEXTは「新作好き」「成人向けタイトル」を見たい人にはオススメできます。

こんな人にオススメまとめ

1.毎月レンタルに3,000~4,000円利用している人

2.レンタルショップに行くの面倒に思っている人

3.最新作に敏感な人

4.成人向けタイトルにも興味がある人

5.通信容量が気になる人*1

*1:Wi-Fi環境でダウンロードすることでオフライン環境でも動画を視聴できます。(一部作品を除く)

U-NEXTは他のサービスと比べると月額料金が高めに設定されているため利用しようか悩む方も多いです。

しかし、上記のまとめのうち3つ以上当てはまるなら検討してもいいでしょう。とくにレンタルショップで毎月3,000円以上利用しているなら、U-NEXTのほうがレンタルショップに行く手間も返却する手間もなくなるためメリットに感じるでしょう。レンタルショップのデメリットとしては、目当ての作品が貸出中なら「行くだけ無駄だった」なんてこともありますが、そのようなことは一切ないです。

以上のことを踏まえてU-NEXTのメリット・デメリットについて解説していきます。

U-NEXTはどんな動画配信サービスか?

どんな配信サービスなのか解説していきます。あまり気にならない方は下へ進んじゃってください。

実はU-NEXTは最近出てきた配信サービスではなく、2007年からスタートして10年以上のサービスとなっています。もともとインターネット回線会社でもあるため動画配信の提供環境にはかなりの安心感があると言ってもいいでしょう。

また、最大の特徴として「最新作の配信が早い」ことです。ただし、最新作を視聴するには追加課金が必要になります。

料金について

U-NEXTは月額1,990円(税別)で毎月1,200ポイントが付与されます。(初回登録時600ポイント)

最新作や多くの映画はポイントを消費して視聴します。個人的に月額1,990円は控えめにいっても「高い」と感じてしまいます。

ですが、毎月1,200ポイントを貰えることを考えると実質790円で見放題を楽しめると思っていいのではないでしょうか?

しかも、ポイントを消化する作品は新作が基本になることを考えたら「お得」に感じるでしょう。

配信作品数について

全作品数は公式で120,000本以上となっています。

作品数で他社と比較すれば、まず間違いなくトップレベルでしょう。ただし、すべての作品が見放題の対象ではないので勘違いしないようにしましょう。当サイトが調査した結果、見放題の対象の作品は全体の4割ほどで50,000本以上となっていました。

配信ジャンルで強いのは「国内ドラマ」です。NHKの大河ドラマはもちろんのこと国内放送のドラマはほぼ網羅しているラインナップになっています。また、成人向けコンテンツも用意されており見放題対象の作品も豊富に準備されています。

逆に海外映画には若干弱く感じてしまうでしょう。ディズニー関連はしっかりとしている印象がありますが、それでも海外映画には弱いと感じました。海外でも韓流などのアジアドラマの作品数は動画配信サービスの中ではNo.1なのではないかと思っています。目算ですが、500作ほど見放題で視聴できるのでアジアドラマ好きにはたまらないはずです。

画質について

U-NEXTの最高画質は2160p(4K対応画質)です。しかし、4K画質に対応している作品は少なく、ほとんどの動画がフルHD(1080p)で配信されています。

4K画質で視聴するには対応したデバイスを用意すること、そして動画自体も4Kに対応している作品である必要があります。正直な話、画質に相当なこだわりがなければフルHDで十分です。というのも、一般的に普及しているBlu-rayも1080p(フルHD)で収録されているので、そういったことを考えれば1080pなら文句なく視聴できるレベルでしょう。

ちなみに4K対応しているデバイスはこちらになります。また、4K対応テレビでないと無意味なので注意しましょう。

独自コンテンツで雑誌読み放題もある

他社との差別化のためにU-NEXTでは70誌以上の雑誌が読み放題になります。週刊誌も多いので雑誌を毎週買っている人なら雑誌代だけでも得に感じるはずです。

僕はあまり週刊誌を熟読するほうではないので、どちらでもいいかな? と、感じていますが「東洋経済」なんかも読み放題の対象になっているので明らかに得だと思いました。ただし、雑誌に関して言えば男性向けの読み物が少なく女性向けが豊富に揃っているので男の人にはあまりメリットに感じないかもしれません。女性ならファッション誌が充実しているのでめちゃんこ嬉しいでしょう。

かーず
雑誌だけでもフル活用すれば月額代のもとは取れる!

U-NEXTのメリット・デメリット

デメリットとしてわかりきっていることは金額の面で明らかに競合他社と比較すると倍以上の月額料金が設定されていることです。これは大きなデメリットとも言えますが、フル活用すれば他社よりも楽しめるコンテンツが豊富に用意されているので妥当な料金設定だと思いました。

感じ方は人それぞれですが、実際に利用してみた中で感じたメリット・デメリットをまとめています。

メリットについて

U-NEXTでのメリットは以下のようにまとめさせていただきます。

・動画をダウンロードできる(一部除く)

・成人向けコンテンツも見放題対象

・女性なら雑誌だけでもとが取れる

・最新作の配信が光の速さ

・配信総数120,000本以上は伊達じゃない!

動画がダウンロードできる

アプリ限定の話になりますが、動画をスマホにダウンロードできます。ダウンロードできることのメリットとしては、通信容量を気にしなくてよくなることです。

Wi-Fi環境での視聴なら通信容量を気にする必要はありませんが、外出先での視聴は気になってしまうものです。最高画質で1時間も視聴すれば2GB近くの通信容量を使ってしまうので、契約している通信プランによっては、すぐに通信制限になってしまうでしょう。

外出前に自宅等のWi-Fi環境がある場所で、あらかじめ動画をダウンロードしておけばオフラインで視聴できることがU-NEXTの良いところです。

かーず
外出先でも通信容量を意識しなくなるよ!

見放題対象に成人向けコンテンツもある

こちらは大人の男性にはちょっと嬉しいポイントです。 成人向けコンテンツも通常のものからアニメまで豊富に種類が揃っているので毎晩忙しくなること間違いなしです。

ただし、iPhoneの場合だとApple storeの規約が関係しているためアプリでは視聴することができません。そして、アプリが利用できない=ダウンロードも不可能ということになります。

視聴するにはブラウザでU-NEXTを開く必要があります。スマホでも視聴は可能なので安心してください。

成人向けコンテンツはストリーミング再生限定のコンテンツだと思ったほうがいいです。それでも、見放題対象になっているので男性には嬉しいポイントなはずです!

70誌以上雑誌が読み放題

こちらは女性に嬉しいポイントです。一通り利用したところ、女性誌中心に読み放題の雑誌が揃っています。

配信しているジャンルの中でもファッション誌が一番多かったです。配信している雑誌を実際に購入したときの金額と月額料金を比較すると「雑誌だけでもとが取れる」ラインナップになっていました。

最新作の配信が光速!

最新作の映画やドラマが業界トップレベルの速さで配信されます。通常はDVD・Blu-rayの発売と同時に配信開始されますが、人気のある作品は発売前に先行配信されることがあります。

直近で言えば「君の名は」が発売され前に配信されていました。

最新作などの作品は毎月貰えるポイントを消費して視聴できるので、ベストなポイントの使い所といえます。

デメリットについて

U-NEXTのデメリットは月額料金が高いと感じることが一番ですが、そのほかにも弱みはあります。もう少しなんとかならなないかな? と思うところを以下のようにまとめます。

月額料金がたけぇ

PS3じゃ見れない(Wiiとかも)

見放題は約50,000本

海外作品に強いのはアジア系だけ

月額料金高すぎませんか?

最大のデメリットは値段の高さと言ってもいいです。月額1,990円という強気な設定で戸惑う人も多いかと思います。

実際、わたしも「1,990円って高すぎない?」と思っていました。ですが、利用しているうちに料金が高い理由がわかりました。

それはサービスの質は間違いなく他社より優れているからです。雑誌読み放題に加えて、成人向けコンテンツまで豊富に用意されているので個人的にはこの値段は妥当だと思いました。

コスパを求めるのであればAmazonプライム・ビデオが一番安いので安く抑えて楽しみたい人はそちらを利用したほうがいいでしょう。

U-NEXTに対応してないゲーム機が多い

ゲーム機でアプリをインストールすれば視聴できる配信サービスが多い中、U-NEXTは対応しているゲーム機が非常に少なく感じます。

対応しているゲーム機はPS4とVitaだけなのでPS3を使っている人やWiiを使っている人は残念ながらゲーム機で視聴することができません。

ゲーム機での利用を想定しているのは「Hulu」だけです。一応、PS4で利用できるのでまったく利用できないわけではありませんがHuluと比べると劣る点になります。

配信サービス対応ゲーム機
HuluPlayStation 4
PlayStation 3
Nintendo Wii U

PlayStation Vita
PlayStation Vita TV
U-NEXTPlayStation 4
PlayStation Vita
PlayStation Vita TV

*Huluの2017年5月17日のリニューアルによって「3DS」「Xbox360」「Wii」の対応が終了したため視聴することができなくなりました。

見放題の対象は50,000本程度

120,000本以上配信中!となっていますが、間違えではありません。確かに業界トップレベルの配信数を誇っていますが、見放題の対象になる作品はおおよそ50,000本ですのですべての配信タイトルが見放題ではありません。

40,000本以上の作品は有料制でポイントを利用しなければなりません。もし、すべての作品が見放題になると勘違いしていた人は注意したほうがいいでしょう。

海外作品のラインナップが微妙

国内ドラマや映画についてはラインナップが充実していますが、海外ドラマや映画は少なく感じることでしょう。

もし、海外ドラマを中心に見たいと考えているのであれば「Hulu」か「NETFLIX」を利用することをオススメします。

ただし、HuluやNETFLIXはアジア系の作品には弱いので、アジア系が見たい人は「U-NEXT」か「Amazonプライム・ビデオ」を選んだほうがいいです。

U-NEXTなら見放題対象の韓流・アジア系ドラマが450タイトル以上揃っています。(2017年9月時点)

*U-NEXTの配信タイトル一覧より

まとめ

U-NEXTのメリット・デメリットについての解説は以上になります。

最後に強み、弱みを再度まとめておきますので参考にしてみてください。

強み

配信数は業界トップレベル

最新作の配信開始は光速

成人向けコンテンツもある

雑誌も読み放題

ダウンロードできるからオフラインでも楽しめる

弱み

料金は高い

海外作品が弱い(アジア系を除く)

最新作は課金が必要

やはり終始、値段の高さが気になるところですがサービスの質が良いことを考えたら妥当な値段かと思います。雑誌だけでも月額料金分は楽しむことができるし、メインの動画も見放題だけで楽しむこともできます。

毎月貰えるポイントを利用すれば最新作もしっかり視聴できるのでサービスの質は間違いなく高いといえるでしょう。

 

-U-NEXT
-

Copyright© エンタメ好きによるオススメ動画配信サービス徹底比較サイト! , 2019 All Rights Reserved.